六代目山口組組長・司忍の写真…オーラがありすぎてビビると話題に…

六代目山口組組長・司忍とは

司忍」というのは渡世名。

渡世名というのは博徒の渡世上の名前です。本名とかけ離れたものではなく、縁起を担いで名前を変えたり、優しそうな名前をいかつい名前にするようなものが多い「司忍」渡世名の由来は仲が良かった実弟の篠田司氏が小学生の頃に病気で亡くなり、それを忍んで名付けたものと言われています。

本名:篠田建市。

1995年(平成7年)01月17日(火)に発生した阪神・淡路大震災の時、渡辺五代目の所にヘリコプターで駆けつけ、共に被災者救援活動(救援隊を組織し、トラックの手配・物資・寝具の提供・炊き出し等)を展開した話などは有名なエピソードです。

2005年07月(平成17年)当時、山口組の新しい当代に司忍若頭が決まった時、ある元関係者は次のような最大級の賛辞を口にした。

と語っている。

公平な人だと司六代目を知る人は口をそろえてこう言う。

人間観察に秀でていると言います。

六代目山口組組長・司忍の写真

刑務所の中でもオーラが・・・

2006年から2011年4月まで府中刑務所に収監されていた司忍組長は刑務所の中では『宮本武蔵』や『徳川家康』などの長編歴史小説を読んでいた読書家だったそうです。

雑誌では『週刊大衆』『週刊実話』『アサヒ芸能』をローテーションで購入していた他、ちょいワルオヤジ向けファッション雑誌『LEON』が差し入れされたこともありました。

刑務所内では他の組員と一緒にしないように敢えて要養護の高齢者が働く軽作業の現場に配属され、誰なのかを知らない人から「あんたどっから来たの」などと普通に話しかられても大人の対応をしていたそうです。

それでも刑務官は口をそろえて「オーラがある」と言っていたとか・・・

最大勢力だった山口組も今では3つに分裂してしましました。この先どうなってしまうのでしょうか・・・

ネットでの反応

引用元:https://kwsklife.com/yamaguchi-chief/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント