駐車場で、目を離したスキに息子が黒い高級ベンツを蹴った。「コラァ!」とベンツから降りて来た男に掴み上げられた息子が、突如泣きながら訴えた”話の内容”に男の態度は急変した…

息子とビデオを借りに近所のレンタルビデオ屋へ行った時の事です。

ずっと見たがっていた映画がビデオでレンタル開始されたので、二人で借りに行く事に。夜ご飯を食べ終わって、帰りにコンビニでお菓子を買って帰ろうと行きの車中で楽しげに話していました。

週末だった事もあり、ビデオ屋はかなり混雑していて、駐車場も満車に近い状況。仕方なく、少し遠い駐車場へ停め歩く事に。そしてビデオ屋に入ろうと少し息子から目を離した時です。

店内入口の目の前にある、障害者専用の駐車スペースに停まっている黒いベンツの周りをクルクルと見て回っている息子。「何やってるんだ?」そう思い息子を呼ぼうとした次の瞬間、なんとその黒いベンツを蹴ったのです。

「ドンドンッ」二回強く蹴った所で、車内から一人の男性が 「コラァ!」と叫びながら降りてきました。

明らかにガラの悪そうなチンピラ風の男性。「ヤバい!」と思った時には既に遅く、その男性は息子を掴み上げて鋭い目で睨みつけます。

しかし、怒鳴ろうとしている男性より先に男性に泣きながら怒鳴り出したのは、私の息子のほうだったのです…

息子とレンタルビデオショップへビデオを借りに。

そこで息子が、店内入口前の障害者専用の駐車スペースに停まっている黒いベンツを蹴ってしまい、その車の中から出て来たチンピラ風の男性に掴み上げられてしまいました。

クルクルと、その黒いベンツの周りを一周してから二回ドア横を蹴った息子。「ドンドンッ」と鈍い音が…

息子を助けようと、男性に近付こうとした時には既に遅く、男性は息子を掴み上げたまま、今にも怒鳴ろうとしていました。しかし、この男性より先に怒鳴ったのは、私の息子の方だったのです。

どいてよ!ここ身体が悪い人が停める場所なんだぞ!

どいてよおじさん!

ボクのママはクルマに青いシール貼っていつもここに停めるんだ。ボクのママが停めれないじゃないか!

おじさんのクルマには青いシール貼ってないもん。ボクのママはもう足が動かないんだ…ボクのママは一生懸命ここに停めて色々なお店に連れて行ってくれるんだ…

だからママが停められないからどいてよ!

そう泣きじゃくりながら必死に訴えて怒鳴る息子。チンピラ風の男が怖いのは当然です。それでもママの事を思って必死に訴えている様子を見て、私もその場で涙が出てしまいました。

私の妻は、2年前に飲酒運転をしていたトラックに追突され、脊髄を損傷。命は助かりましたが、両足が動かなくなってしまいました。

それでも、元気に障害者用の車と車イスを持参して息子と買い物へ行ったりと積極的に外出しています。その姿を毎日見ていた息子の思いが、この行動に繋がったのかもしれません。

とはいえ、人様の物を蹴ったりしていい事にはなりません。この後、私はこの男性に深く謝罪しました。

すると、この男性は思いもよらなかった事を言ってくれたのです。

いや、こちらこそすまなかった。この子の言う通りだよ。

蹴られても文句の言えない場所に停めていたのは俺だからね。しかし、良い度胸してるよあんたのお子さん(笑)

チビ助、ゴメンな。

男性は、私と息子に謝り、すぐさまその障害者専用駐車場から車を移動させてくれたのです。

物や人に危害を与える事はダメな事ですが、まだまだ子供の息子が泣きながら訴えたこの言葉で、一人の大人に伝わったモノは大きく、そして何かを変えた大事な事だったのではないかと感じています。

引用元:https://cadot.jp/impression/6022.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント