ソフトバンク 古谷優人が窃盗で自由契約 同僚が被害訴え、球団が警察に相談で判明

は24日、の来季選手契約を締結せず保留権を放棄し、自由契約にすると発表した。

シーズン中に所属選手ひとりからロッカー内での私物盗難被害の申し出があり、警察に相談して調査した結果、古谷が私物をしていたことが判明したという。  

球団は本人を聴取したところ事実関係を認めたため、「選手契約を締結し難い重要な事案である」として、来季契約しないことを通達した。  

球団はファンや関係者に謝罪したうえで、見回りなど施設防犯の強化、ロッカー内金庫の活用など再犯防止に努めるとした。  

古谷は16年度ドラフト2位で北海道・から加入した左腕投手。

160キロ超の速球派として期待され、今季は13試合に登板し、プロ初勝利を挙げたばかりだった。  

オンラインで会見した三笠GMは「ファンの皆様、球界関係者、深くお詫びするとともに再犯防止へ防犯対策の強化をしたい」と謝罪。盗難されたものは返品され、古谷は「申し訳ないことをした」と謝罪しているという。

現状、球団、被害を受けた選手ともに被害届を出す意向はないことも明かした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/06aad5ebbd636d87c60a89df629d78c53821e6da,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント