神田沙也加さんが札幌のホテルで転落死、突然すぎる急逝の裏にあった相方の非常事態

まさに “悲劇”が起こってしまったーー。

 12月18日、歌手で女優の神田沙也加さんが、北海道札幌市内にあるホテルから転落し、他界。35歳だった。

亡くなる前日の様子

「神田さんは18日の昼ごろ、滞在していたホテルの14階の屋外スペースで倒れているところを発見され、緊急搬送されました。近隣の病院で治療を施されましたが、そのまま……。彼女の宿泊していた部屋は20階以上の高層階だったことから、自室から14階まで転落したと思われます。警察は “飛び降り自殺を図った可能性もある”と、捜査を進めています」(スポーツ紙記者)

 この日、自身が主演を務めるミュージカル『マイ・フェア・レディ』の札幌公演に出演する予定だった神田さん。

「正午に開演する昼公演の直前まで連絡がつかなかったため、当日はダブルキャストで主演を務める朝夏まなさんが急遽代役を。スタッフさんたちが、何度も彼女に連絡を取ろうとしてもリアクションがない状況で、みんなかなり慌ててしまって……。

その後、スタッフや出演者にも“神田さんが危険な状態にある”ことが伝えられました。公演まっただ中のことだったのでみんな動揺しきり。亡くなる前日までいたって元気な様子だったのに、どうして……」(公演スタッフ)

 神田さんにとって'21年は、芸能生活20周年という記念すべき年だった。過去のインタビューでは 「芸能生活のターニングポイントになったほど思い入れの強い作品」と語っていた『マイ・フェア・レディ』。その公演中に起こった悲劇に、多くの人々が絶句している状況だ。

引用元:https://bunshun.jp/articles/-/8539,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント