【無知はむしり取られる】引越し時に知らないと高額費用を払わされる!?不動産屋が仕掛けてくる罠とは


全国各地で問題視されている賃貸トラブル。
東京都だけでも「賃貸のトラブルに関する相談」は何千件にものぼると言われています。

そんな中でも最も多いのが、退去時におけるクリーニング費用。

この退去には、その部屋の状況に応じてクリーニング費用を請求されます。
しかし、その費用は敷金より捻出されるため、よほどの事がなければ住居者に費用請求が来る事はありません。

しかし、退去時にかなり大きな金額を要求された事のある人も多いのではないでしょうか。

そんな状況に遭遇したTwitterユーザーの[email protected]_さん。
自身に降りかかった退去時のトラブル経験を明かすと瞬く間に反響を呼び、大注目を浴びる事に。

今回、そんな退去時に知っておくと大変便利な豆知識についてご紹介します。

ある日、zico39さんは借りていた部屋を退去することにしました。

その際に、壁紙とクッションフロアの張り替えの費用として5万円ほど不動産に請求されたそうです。

しかし、この請求額がおかしいと気がついたzico39さんは

「耐用年数を無視している」
と指摘。

すると不動産屋は慌てて金額を修正し、5万円の支払いどころか6千円の返金を申し出てきたそうです。

具体的はこのようなやりとりがあったようです。

「ご存知でしたか?!」と即座に訂正した不動産屋。

この発言がzico39さんから金銭をむしり取ろうとしていたことを物語っていますね。
zico39さんがおっしゃる通り、無知であれば、この5万円という金額を支払うしかなかったでしょう。

賃貸に限った話ではありませんが、非常に悲しい世の中ですね・・・

実際にこのような事案に遭遇したユーザーからのコメントが相次いでいます。

では、今回にようなケースにならないためにも、私たちは何を知っておかなければならないのでしょうか?

引用元:https://cadot.jp/topics/33892.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント